不動産の相談

買う時も、売る時も「まずはシミュレーション」で確認

一生に何度もない住宅売買(不動産売買)。不動産会社でも住宅ローン相談や購入・売却相談はしてくれますが、近年ネット普及も進み不動産の情報は概ね私たち個人が入手することが出来ます。ただ本当にメリットある不動産売買の情報をネットのみで入手することはまだまだ難しい状況でもあります。

不動産の良い情報を入手でき始めて具体的に購入の検討を開始しますが、弊社が提供する住宅購入相談においてはお客様との打ち合わせ内容を基にキャッシュフロー表を作成し下記事項を重視します。

 

購入時における重要事項life

 

  • 無理なく返せるか
  • 金利の影響は大丈夫か
  • 老後に悪影響が出ないか
  • 学費が多い時でも大丈夫か
  • 将来的な不動産価値は
  • 周辺環境や管理状態は大丈夫か
  • 場合により賃貸も可能か

 

 

当たり前の事ですが、今の家賃と比べれは、ほとんど必ず35年ローンを組んで買った方が目先の返済は減りますが、それは目先でしかありません。
また将来的な不動産価値の見通しは今後人口が減っていく日本では将来的な不動産価値を大きく左右しますし、老後のライフプランに大きな影響を与えます。

 

「買える」では危険、老後のしわ寄せを必ずチェック

FPリサーチパートナーズでは、ローンシミュレーションや銀行の借り入れ比較、賃貸・持家比較など様々な項目に対応し、お客様の住宅購入(売却)について不安点の解消に努めております。
住宅をそもそも買った方が良いのか?少し時間を置くべきなのか?極論、賃貸の方が良いのか?購入する根底から考えます。
ご実家を引き継ぐ可能性や、転勤など様々な事が考えられますので「ローンが組めるうちに」という安易な購入は非常に危険です。
場合によっては購入を数か月・数年延期するアドバイス、極論「買わない方がいい」というアドバイスもありますので「相談に行く=購入を勧める」という不動産営業的な事はありません。
むしろ、本当に買うべきか?どこで買うべきか?に焦点を置いて考えて行きますのでご安心ください。

 

不動産売買の低コストを支援

お客様と意見が一致して初めて不動産会社を紹介しますので、不動産会社にありがちな煩わしい営業を回避することを実現しております。
また当社では信頼のおける不動産会社としか業務提携をしておりませんのでご安心ください。
不動産売買の低コスト支援は購入時も売却時も利用いただけます。

 

仲介手数料1.5%も可能

pct_3

当社提携不動産会社では仲介手数料1.5%(物件価格の)とし、業界水準の半額でご利用いただけます。成功報酬として、当社がコンサルティング手数料0.4%(物件価格の)を頂きますので、手数料は合計して1.9%になります。このサービスは物件価格が大きくなればなるほど効果がより大きく発生しますので、収益物件等をご検討する際にも有効なサービスです。
※コスト削減を適用できない物件も一部ございます。物件をご紹介する前にご案内をいたします。

 

 

売却時における「査定」ができる強み

また弊社では売却の査定も受け付けておりますが、売却する時の見通しがつく物件だからこそ安心して買うことが可能です。マンションにおいては取引事例をメインとした査定になりますが、戸建てにおいては路線価、地価公示、新築分譲価格、中古成約価格など多岐に渡りチェックをして行きます。不動産会社の査定と違う点は「現実的」な査定を提供している所です。

買い換えシミュレーションに大きなメリット

売却時の想定ができるので、住まいを買い換える際のシミュレーションの精度を非常に高いものでご提供が可能です。
中立的に相談できるFPの多くは不動産実務に乏しい弱点がありますが、当社では具体的な数値にてシミュレーションが可能となっております。

■ご相談料金

不動産コンサルティング お客様との面談により、お客様の不動産に対する理想をお聞きします。実際に実現可能かどうかを見極め、将来において安心できる住宅の購入・売却のアドバイスをさせて頂きます。成約時弊社コンサルティング手数料と提携不動産会社の仲介手数料合計1.9%ですので、仲介手数料コストダウンに成功しております。※収益不動産にも対応しております。

9,720円(税込)本体価格9,000円

toiawase10

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム