2018年変わるのはメリットが少ない「配偶者控除」

■2018年変わるのは影響が少ない「配偶者控除」

2018年より、配偶者特別控除が拡大され一般的な家庭(年収1,120万円以下)の場合は昨年までの103万ではなく150万円まで38万円の所得控除を夫の所得に適用できるようになりました。

「夫の扶養内で働く」場合、大きく分けて3つの事があり

  1. 健康保険・年金保険料の負担が発生するかどうか
  2. 所得税の負担が発生するかどうか
  3. 夫の所得に所得控除があるかどうか

の3つが皆さんの関心ごとです。今回範囲が拡大されるのは夫の所得から控除できる「配偶者特別控除」であり、健康保険・年金保険料の負担、自分の所得税に関しては今まで通りの為、注意する必要があります。150万まではメリットが出た訳ではないので勘違いをしないように。

 

■高所得者は段階的に縮小し適用なし

昨年まで妻の年収103万円までは配偶者控除は38万円、103万を超えても141万円までは控除がありましたが、今年からは150万円までは38万円の控除が適用され、201万円まで控除があります。

年収1,120万以下の世帯は150万まで配偶者特別控除が38万円得られるが所得が高くなるにつれて、控除が減少し年収1,220万円超は控除はありません。

 

■給与所得控除にもメスが入り・・・

自身のパート収入の「所得税」「健康保険料・年金保険料」についても今後改定が議論されて行く見通しで扶養範囲内で働くワークスタイルは(103万以内が手取りが良い)年々メリットが薄れて行く改正が続くと思われます。
いつそのような時代が来ても良いように、働けるワークスキルなどを身につけておき対応して行く時代が近づいています。

【国税庁】平成29年6月配信
平成30年分以降の配偶者控除及び配偶者特別控除の取り扱いについて

【国税庁】平成29年11月配信
配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しに関するFAQ