FPの確定拠出年金運用経過2018年6月

2018年も半分が経過しました、相変わらず今年の相場は読めないので毎月の掛け金は「定期預金」に
しており、様子を見てスイッチングで安いと思うものを買うことにしています。

4月末と比較すると株式は世界的にマイナス、新興国通貨の下落が目立ちます。株式以上に新興国債券の下落率が高く債券とは言え新興国債券のリスクは改めて高いと感じます。(とはいえ必要な投資先の一部)

株式から逃げたお金はREITへ向かっています、J-REIT・先進国REIT共に好調で今年は「安定のREIT」という年なのでしょう。今年は REIT主体と決めていたのでそこが救いです。

■投資資産の4月末比
日本株:-4.2%
先進国株:-3.9%
インド:-4.9%
中国:-2.9%
先進国債券:+0.4%
新興国債券:-7.9%
J-REIT:+3.5%
先進国REIT:+10.2%
コモディティ:+0.8%
全体-1.0%

 

株式市場の下げも、ここから先は大きくないと判断して、毎月の掛け金の定期預金はスイッチングを行いました。
今年は本当にわからないので均等割です。

毎月の掛け金はそろそろ、分散に戻そうと思います。

■現在の掛け金拠出の割合
(元本確保100%)

  • スルガ確定拠出年金スーパー定期(1年)100%

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム