FPの確定拠出年金運用経過2017年10月

株式市場が好調で、上昇は続きそうです。NY市場の上昇ペースは想定を上回りますが日経平均は
ドル高が進まないこともありまだ伸び悩んでいます。とはいえ日経平均は21,000円はひとまず超えると思います。

想定よりも早いペースで原油価格が回復したので
掛け金の配分を変更しました。株高の背景もあり、50%は債券にしています。

先月まで相場を押し上げていた新興国市場に代わり米国・日本市場が上昇しています。
日本株はまだ伸びしろがあると思っていますが、少々買いにくい感じにもなってきました。

■投資資産の前月比
日本株:+5.7%
先進国株:+7.2%
新興国株:+2.3%
インド:+0.2%
中国:+2.9%(2.9%の表記ですが実質「14.2%」)
先進国債券:+1.1%
新興国債券:+1.5%
先進国REIT:+2.7%
コモディティ:+5.2%
全体
+3.2%

現在の掛け金拠出の割合(株式40%、債券50%、REIT5%、コモディティ5%)

  • フィデリティ・日本成長株・ファンド8%
  • DIAM外国株式インデックスファンド(DC) 8%
  • インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 8%
  • JPMインド株アクティブ・オープン 8%
  • ディープリサーチ・チャイナ・ファンド 8%
  • 野村外国債券インデックスファンド (DC) 30%
  • インデックスファンド海外新興国債券(1年決算型) 20%
  • SMT グローバルREITインデックス・オープン 5%
  • ダイワ/RICIコモディティ・ファンド 5%

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム