FPの確定拠出年金運用経過2017年6月

日経平均はようやく2万円を超えました。先進国の株も相変わらず伸びています。
先月比でマイナス投資先として先進国株と先進国REITがランクインしていますが、
株価が上がっているのに何故?と感じるかも知れません。

要因としては「ドル安」が影響しています。海外が投資先の場合においては株価などの影響とは別に
「為替」の影響があります。現在は1ドル約110円ですので、先進国株が先月と比べて下がっています。

■投資資産の前月比
日本株:+3.3%
先進国株:-0.5%
新興国株:+1.3%
インド:-0.2%
中国:+2.7%
先進国債券:+0.5%
新興国債券:+1.1%
先進国REIT:-0.6%
コモディティ:-0.4%

原油が思ったよりも伸びないという状況が続いていますが、配分変更・スイッチングは秋口までは様子見で行こうと思っています。


現在の掛け金拠出の割合(株式50%、債券35%、REIT10%、コモディティ5%)

  • フィデリティ・日本成長株・ファンド15%
  • DIAM外国株式インデックスファンド(DC) 15%
  • JPMインド株アクティブ・オープン 10%
  • ディープリサーチ・チャイナ・ファンド 10%
  • 野村外国債券インデックスファンド (DC) 25%
  • インデックスファンド海外新興国債券(1年決算型) 10%
  • SMT グローバルREITインデックス・オープン 10%
  • ダイワ/RICIコモディティ・ファンド 5%

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム
Copyright 2017 株式会社FPリサーチパートナーズ