FPの確定拠出年金運用経過2017年2月

NYダウの2万ドル突破により先進国株式の比率は短期的に少し下げても良いかなと思っています。
EU各国の選挙もあり、短期的には注意が必要そうですが、確定拠出年金の運用では、あまり小回りはしない方が良いと思っています。新興国経済の不透明感がようやくマシになってきた感じがしますので株式比率はやや新興国ウエイトを高めようかと考えています。

12ヶ月の推移が以下ですが、最近は伸びていません。

現在の掛け金拠出の割合(株式50%、債券30%、REIT15%、コモディティ5%)

  • フィデリティ・日本成長株・ファンド15%
  • DIAM外国株式インデックスファンド(DC) 15%
  • JPMインド株アクティブ・オープン 10%
  • ディープリサーチ・チャイナ・ファンド 10%
  • 野村外国債券インデックスファンド (DC) 25%
  • インデックスファンド海外新興国債券(1年決算型) 5%
  • SMT グローバルREITインデックス・オープン 15%
  • ダイワ/RICIコモディティ・ファンド 5%

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム